Archive for the ‘漢方薬の役割’ Category

漢方薬の効果が表れるまでの期間

火曜日, 12月 11th, 2018

漢方薬を処方してもらってからどのくらいの期間で効果が表れるのか、それはもちろん一概には言えません。
しかし、漢方薬は効果が出るまで時間がかかる、とイメージがあることは確かです。

漢方薬は症状を抑え込むようなケミカルな薬ではないので、個人差が多くなることはあります。
重要なのは本人の生活改善の度合いです。
生活習慣や食事を変えないと改善しないような症状も多々あります。
自覚して、生活を変えることが出来ると効果は早く現れます。
逆に、薬を飲んでいるからと言って、生活を変えない人は効果が現れるまでに時間がかかります。

また、同じ頭痛でも、風邪が原因の場合は比較的早く治り、慢性的な頭痛は完治まで時間がかかります。

虚と実

木曜日, 11月 23rd, 2017

漢方薬は症状とその人の状態によって使い分けます。

一般的に漢方薬が使われている症状というと、便秘、不妊、頭痛、高血圧、むくみ、でしょうか。

つまり、身体の特定の部位が明確な病気である、という場合でないときですね。

明確な病気やけがは西洋医学で治せますが、何となく調子が悪い、という場合は中々有効な治療が出来ません。

そういう時は漢方薬を服用すると効果が期待できます。

身体は不調ではないけど緊急ではない、という時に漢方薬でじっくり治すのが効果的です。