虚と実

漢方薬は症状とその人の状態によって使い分けます。

一般的に漢方薬が使われている症状というと、便秘、不妊、頭痛、高血圧、むくみ、でしょうか。

つまり、身体の特定の部位が明確な病気である、という場合でないときですね。

明確な病気やけがは西洋医学で治せますが、何となく調子が悪い、という場合は中々有効な治療が出来ません。

そういう時は漢方薬を服用すると効果が期待できます。

身体は不調ではないけど緊急ではない、という時に漢方薬でじっくり治すのが効果的です。

 

 

Comments are closed.